書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本国際経済法学会年報第24号
シリーズ 日本国際経済法学会年報
著者 日本国際経済法学会
判型 A5判
頁数 218頁
発行年月 2015年11月
定価 本体3,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03710-7
ジャンル 学会誌
本の説明 共通論題「国際経済法の発展におけるOECDの役割」/「地域経済統合と法の統一」、自由論題3件/文献紹介5件ほか。
目次 【論説】

〈共通論題〉

国際経済法の発展におけるOECDの役割

 座長コメント−OECDと国際経済法―
   ………………………………………中谷和弘

 国際社会のルール・メーキングとOECD
   ……………………………………高橋誠一郎

 国際租税法におけるOECDの役割とその位置づけ
   ………………………………………渕 圭吾

 外国公務員贈賄防止条約のフォローアップにお
  けるOECDの役割―日本の事例―
   ………………………………………梅田 徹

 多角的貿易体制とOECD
  ―OECDとガット・WTOの相互関係―
   ………………………………………濱田太郎

地域経済統合と法の統一

 座長コメント …………………………高杉 直

 ラテンアメリカ地域における経済統合と競争法
  の調和 ………………………………諏佐マリ

 アフリカにおける地域統合と法統一
   ………………………小塚荘一郎・曽野裕夫

〈自由論題〉

EPZs in a Multilevel International Economic
 Law: Achieving EPZ Compliance with
 Multilateral and Regional Trade Agreements
 and International Soft Law
   …………………Alejandra Maria González

米国海外腐敗行為防止法(FCPA)の域外適用と各
 国の対応 ………………………………内田芳樹

WTO紛争解決手続におけるDSU25条仲裁の位置づけ
   ………………………………………張 博一

【文献紹介】

Valentina Vadi,
 Cultural Heritage in International
 Investment Law and Arbitration
   …………………ウミリデノブ アリシェル

Yves Bonzon,
 Public Participation and Legitimacy
 in the WTO
   ………………………………………関根豪政

Frédéric SCHMIED,
 Les effets des accords de l'OMC dans
 l'ordre juridique de l'Union européenne et
 de ses Etats membres
   ……………………………………兼頭ゆみ子

Chris Brummer,
 Soft Law and the Global Financial System:
 Rule Making in the 21st Century
   ………………………………………野村美明

藤澤尚江
 『債権・動産を活用した金融取引と国際私法』
   ………………………………………森下哲朗

 編集後記
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索