書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 子ども支援/遺族年金/引退と所得保障
シリーズ 社会保障法第32号
著者 日本社会保障法学会
判型 A5判
頁数 294頁
発行年月 2017年5月
定価 本体3,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03837-1
ジャンル 学会誌
本の説明 第69回大会シンポ:子ども支援のあり方と社会保障法 第70回大会ミニシンポ:@遺族年金の国際比較A被用者の引退と所得保障他
目次 はじめに……………………………………加藤智章
 18期理事会における検討課題

◆第69回大会◆
シンポジウム:子ども支援のあり方と社会保障法
シンポジウムの趣旨と構成………………平部康子
社会保障法制における「子ども」の
 ニーズの位置付けと変容……………伊奈川秀和
社会保障給付における教育支援と子どもの発達
   ………………………………………常森裕介
社会福祉サービス供給体制における
 子どもの法的主体性保障のあり方
  ―サービス利用手続きの面からの日独法比較
   ………………………………………倉田賀世
子育ち・子育ての経済的支援策の再検討
  ―社会手当制度を中心に
   ………………………………………福田素生
子どもに対する給付の形式………………平部康子
質疑応答
個別報告
生活保護の財政責任―地方交付税制度からの検討
   ……………………………………上原紀美子
社会福祉サービスとしての
 公的後見制度の導入可能性
  ―アメリカ公的後見制度を手がかりに
   ………………………………………西森利樹

◆第70回大会◆
ミニシンポジウム@:遺族年金の国際比較
シンポジウムの趣旨と比較検討の視点
   ………………………………………嵩さやか
スウェーデンにおける遺族年金の概要と理念
   ………………………………………中野妙子
ドイツにおける遺族年金の概要と理念
   ………………………………………渡邊絹子
フランスにおける遺族年金の概要と理念
   ……………………………………柴田洋二郎
総括:各国比較に基づく遺族年金の理念の検討
   ………………………………………嵩さやか
質疑応答
記念講演
社会法としての社会保障法・再考
  ―社会福祉法研究を振り返って
   ………………………………………河野正輝
ミニシンポジウムA:被用者の引退と所得保障
引退過程世代の特徴と課題………………関ふ佐子
引退過程と公的年金………………………清水泰幸
引退過程と雇用保険………………………嶋田佳広
引退過程と生活保護……………………脇野幸太郎
報告の総括…………………………………清水泰幸
質疑応答


投稿論文
アメリカにおける合理的配慮と
 アファーマティブ・アクション
  ―判例と学説分析から見る両概念の比較
   ………………………………………村山佳代

追 悼……………………………………浅倉むつ子
 林弘子先生を偲ぶ

奨励賞評……………木下秀雄
 山下慎一著
 『社会保障の権利救済―イギリス審判所制度の
  独立性と積極的職権行使』
           (法律文化社、2015年)

書 評
 伊奈川秀和著
 『社会保障法における連帯概念―フランスと
  日本の比較分析』   (信山社、2015年)
   ………………………………………稲森公嘉
 丸谷浩介著
 『求職者支援と社会保障―イギリスにおける
  労働権保障の法政策分析』
           (法律文化社、2015年)
   ………………………………………上田真理

判例回顧
 社会保険系………………………………川久保寛
 社会福祉系………………………………常森裕介

学会関連情報
 立法紹介…………………………………地神亮佑
 学術会議だより………………………廣P真理子
 出版案内
 学会事務局からのお知らせ
 学会誌編集委員会からのお知らせ

SUMMARY

編集後記
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索