• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 法律
  • > 法学一般

書籍ジャンル検索

法律

法学一般

インターネットの自由と不自由
[法学一般]
庄司克宏 編
A5判・186ページ・本体2,900円+税
従来の人権規定や刑法、競争法(独占禁止法)や消費者保護法だけでネットの濫用や悪用に対応できるのか? プライバシーや個人データを保護するためにどのような限界設定をなしうるか/なすべきか、日・米・欧の比較を通して考察する。

    
医療・福祉を学ぶ人のための法学入門
[法学一般]
久塚純一 ・長沼建一郎 ・森田慎二郎 編
A5判・260ページ・本体2,400円+税
医療・福祉の職をめざしている人を対象とした法学入門書。現場で起こりうる事例をとりあげ、臨場感をもって習得できるようにした。国家試験の出題傾向から学習すべき項目を厳選。

  
医療法律相談室
[法学一般]
川西譲 ・川西絵理 著
A5判・240ページ・本体2,500円+税
医療現場を熟知する弁護士が患者とのトラブルや医療事故・倫理問題に対応するための法的根拠と、結論に至る考え方を解説。各章冒頭の問いに答える形で親しみやすく具体的に叙述し、各章末に「要約とポイント」や法律用語の「キーワード解説」を付す。

      
福祉に携わる人のための人権読本
[法学一般]
山本克司 著
A5判・172ページ・本体2,300円+税
個人の尊厳を軸にした人権の歴史と理論をふまえて、福祉現場の視点でポイントを整理。福祉労働従事者の目線に徹して、知識を確認・応用するため問題や事例演習を付す。

看護師をめざす人のための関係法規
[法学一般]
森田慎二郎 ・野畑健太郎 編
A5判・244ページ・本体2,400円+税
看護師国家試験科目の「関係法規」を出題基準・傾向から修得すべきポイントを厳選したコンパクトな教科書。初学者むけに学習の便をはかり、本書が卒業後の実務に役立つことをめざした。

      
ジェンダー法学入門〔第2版〕
[法学一般]
三成美保 ・笹沼朋子 ・立石直子 ・谷田川知恵 著
四六判・312ページ・本体2,500円+税
ジェンダー・バイアスに基づく差別のあり方や法制度への影響を明らかにし、社会の常識を問い直す。初版刊行(2011年)以降の法や判例、社会変化を反映し、バージョンアップ。

      
レクチャージェンダー法
[法学一般]
犬伏由子 ・井上匡子 ・君塚正臣 編
A5判・276ページ・本体2,500円+税
冒頭で基本法分野を概説し、本論で身近な問題から展開する構成で、問題状況と法の接点を抽出し、法的思考を修得できるジェンダー法学の標準テキスト。他の差別問題へも敷衍し言及。

  
セクシュアリティと法
[法学一般]
谷口洋幸 ・綾部六郎 ・池田弘乃 編
A5判・184ページ・本体2,500円+税
ジェンダー法学においてこれまで中心的に取り上げられてこなかった「セクシュアリティ」に焦点を合わせ、性的な欲望や性的マイノリティと法律や社会制度との関係を考える。セクシュアリティをめぐる法学研究の基本テキスト。

    
子どもと法
[法学一般]
丹羽徹 編
A5判・186ページ・本体2,400円+税
貧困や成年年齢引き下げ動向等をふまえて、「子ども」と「法」の関わりを網羅的に概説。総論では子どもの権利と人権との関わり、法律用語を解説、各論では家庭・学校・社会の各場面で子どもが出会う法の具体的有り様を論じる。

    
立法学〔第3版〕
[法学一般]
中島誠 著
A5判・384ページ・本体3,600円+税
立法過程の全体像を掌握できる体系書。2009年の政権交代や自民党復権などの大きな政治変動を踏まえ、50頁増の大幅補訂を施す。日本政治を考えるための視座を提示するとともに、立法過程の全貌に迫る。

    
前へ 1 2 3 4 5 次へ

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索