検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名
著者名 越山和広
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

ベーシックスタディ民事訴訟法
[民事訴訟法]
越山和広 著
A5判・320ページ・本体3,000円+税
要件事実論―裁判で証明が必要な事実とは何か、原告・被告のいずれがどの事実の証明責任を負うのかなどを考える―をふまえた事例と解説で、民事訴訟のルールだけでなく、実体法(民法)と手続法(訴訟法)との関係や訴訟の仕組みや流れがよくわかる。

    
民事訴訟雑誌63号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・320ページ・本体3,500円+税
《論説》原強/松村和コ/太田晃詳
《講演》アレクサンダー・ブルンス(越山和広訳)
《シンポジウム》民事訴訟への隣接諸科学の応用―和解、心証形成、事実認定を契機に
《研究報告》《紹介》ほか
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索