検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名 グローバル時代の平和学
著者名
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

いま平和とは何か
[平和学]
藤原修 ・岡本三夫 編
四六判・318ページ・本体2,500円+税
第1巻は全体の導入巻であり、原論的性格の論文から成る。グローバル時代の平和学の基本課題を明らかにしつつ、平和学の理論と実践を、暴力、デモクラシー、ジェンダー、宗教、思想、運動、教育の側面から考究する。

いま戦争を問う
[平和学]
磯村早苗 ・山田康博 編
四六判・308ページ・本体2,500円+税
平和学は戦争の廃絶を目指す。しかしそれは、安全保障の要請を無視した夢想に浸ることではない。第2巻は、9・11後の世界における安全保障、平和構築、軍縮の課題を取り上げ、戦争やテロのない世界の条件を探る。

歴史の壁を超えて
[平和学]
内海愛子 ・山脇啓造 編
四六判・324ページ・本体2,500円+税
戦争や植民地支配をめぐる記憶や責任について、いま論争が続いている。またグローバル化の中で、共生社会の形成は緊要の課題となっている。第3巻は、民族と個人の歴史的な対立や悲劇を超えていくための条件を探る。
私たちの平和をつくる
[平和学]
高柳彰夫 ・R.アレキサンダー 編
四六判・316ページ・本体2,500円+税
戦争だけでなく、貧困、環境破壊、抑圧、差別なども、平和でない状況をつくり出す。こうした構造的暴力の克服は、私たちの日常の行動に深く関わる。第4巻は、平和を私たち自身でつくり上げていくための条件を探る。
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索