書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 地域福祉の主流化
副題 福祉国家と市民社会V
著者 武川正吾
判型 四六判
頁数 210頁
発行年月 2006年7月
定価 本体2,300円+税
ISBN ISBN4-589-02959-6
ジャンル 社会政策 社会保障・社会福祉
本の説明 社会福祉法成立(2000年)により位置づけられた、地域が基軸となって社会福祉を推進していく状況を「地域福祉の主流化」ととらえ、その背景や概念をさぐる。総合化と住民参加の理念をもとに地域福祉計画の具体策を示す。
目次 はしがき
 序 地域福祉の主流化と地域福祉計画
第T部 ローカリティの時代
 1 地域福祉とローカルガバナンス―分権化時代の社会福祉
 2 地域福祉の主流化と地域福祉の新しい概念
  1 地域福祉計画の段階の地域福祉
  2 政策理念の累積体としての地域福祉
  3 初期の地域福祉概念
  4 地域福祉概念の二つの拡張
  5 結びに代えて
 3 グローカリティと公共性の転換―コミュニティ形成から地域福祉へ
  1 グローバル化とローカル化
  2 グローカリズムの戦略
  3 グローカリティの生成
  4 地域福祉の主流化
  5 結び
第U部 地域福祉計画の可能性
 4 地域福祉計画の策定
  1 社会福祉基礎構造改革と社会福祉法の成立
  2 地域社会の変化と地域福祉
  3 地域福祉計画の背景としての総合化と分権化
  4 地域福祉計画の具体化のために
  5 地域福祉計画として何を作るか
  6 地域福祉計画をいかに作るか
  7 都道府県は市町村をいかに支援するか
  8 地方自治の学校としての地域福祉計画
 5 地域福祉計画の策定上の留意点
 6 対談 地域福祉計画の時代はじまる―地方自治の学校
第V部 地域福祉を取り巻く福祉国家と福祉社会
 7 福祉社会の変容と福祉サービス
  1 グローバル化・消費化・超高齢化
  2 福祉国家の再編
  3 福祉国家と福祉社会の協働
  4 公共部門の役割
 8 転換期の日本の社会保障
  1 日本の社会保障の半世紀
  2 日本の社会保障を支えた条件
  3 社会保障を支えた条件の変化
  4 「失われた一五年」と社会保障
  5 結びに代えて
 9 福祉国家と福祉社会の関係の再構築―東北アジアのなかで考える
  1 福祉社会論の矛盾
  2 福祉社会とは何か
  3 福祉国家と福祉社会
  4 東北アジアの状況
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索