• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 経営・産業

書籍ジャンル検索

経営・産業

経営学の入門
[経営・産業]
具滋承 編著
A5判・294ページ・2,530円(税込)
企業形態、組織・労務管理、ガバナンス、経営戦略、財務・会計、マーケティング、生産管理、イノベーション、ブランド、消費者行動、環境、国際経営など、経営学を学び始めるために必要な基礎知識を網羅。経営学全体を俯瞰し理解する初学者必携の基礎テキスト。

    

電子書籍はこちら
生産マネジメント論近日発売予定
[経営・産業]
具承桓 編
A5判・280ページ・3,080円(税込) [予価]
生産マネジメントは、モノづくりを中心とするビジネス活動そのものである。本書はこれらの基礎を体系的に解説し、企業活動における生産の仕組みを様々な生産システムの発展、生産方式、戦略まで最新の情報と実態を踏まえ詳述。生産計画の意義や流れを理解する。
入門 企業論
[経営・産業]
佐久間信夫 ・井上善博 ・矢口義教 編著
A5判・286ページ・2,970円(税込)
近年、企業を取り巻く経済・社会環境は大きく変化し、特に国際的な環境変化の影響が極めて大きくなっている。本書は、現代企業の現状と展開を理解するため、その組織的特性や企業行動、ガバナンスの他、社会的貢献など最新の情報と具体的事例とともに詳解する。

    
社会的企業論
[経営・産業]
山本隆 編著
A5判・266ページ・3,300円(税込)
社会的企業について、理論と実践の複眼の視点からその機能を解明する。理論・国際比較(米・英・伊・瑞・韓)、事例研究、実務の4部構成で現在の全体像を示し、本質に迫る。

    
非営利組織研究の基本視角
[経営・産業]
橋本理 著
A5判・314ページ・5,940円(税込)
企業形態論の枠組みを用いて経営学の立場から理論的・概括的に非営利組織の本質に迫り、可能性を解明。第T部では、先行研究の動向と理論分析を試み、第U部で「社会政策の経営学」という新しいタイプの事業組織を提示。

    
ひと・まち・ものづくりの経済学
[経営・産業]
十名直喜 著
A5判・338ページ・3,080円(税込)
まちづくり、ひとづくりへと視野を広げ、現場と実践をふまえて現代産業論の視点から〈ものづくり〉を捉えなおす。日本初にして現場発のオリジナルなものづくり経済学の書。

    
丼家の経営
[経営・産業]
田中研之輔 著
四六判・244ページ・2,860円(税込)
社会学の手法を用いて描き出すドキュメンタリー。働く現場のリアルを追体験し、各店舗の問題を社会的変化と結びつけて考えることで、本質を見抜き打開する戦略を立てるための素地を築く。

    

電子書籍はこちら
走らないトヨタ
[経営・産業]
田中研之輔 ・山ア正枝 著
A5判・236ページ・2,860円(税込)
働く人たちが関わりあって協働するなかで自律的に行動し、助けあい、創造性を発揮する職場は、どのようにしたらつくることができるのか。職場の行動観察をもとに、働く人と組織との関係性を社会学の視点から解明する。

    

電子書籍はこちら
ドラッカー再発見
[経営・産業]
坂本和一 著
四六判・240ページ・2,750円(税込)
「マネジメント」の発明者として知られるP.F.ドラッカーの慧眼、洞察力、先見性を原理論・一般論としてだけでなく、現実の諸事例に照らして再確認する。ドラッカーのもう一つの、新しい読み方の追究。

    
現代リスクマネジメントの基礎理論と事例
[経営・産業]
亀井克之 著
A5判・230ページ・2,750円(税込)
現代のリスクマネジメントを総合的に知るためのテキスト。ソーシャル・マネジメントの重要性から中小企業の事業承継、経営者のメンタルヘルス、事業継続マネジメントについても言及。

    
1 2 3 次へ

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索