• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 刑事法
  • > ナポレオン刑事法典史料集成

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ナポレオン刑事法典史料集成
著者 中村義孝編訳
判型 A5判
頁数 400頁
発行年月 2006年11月
定価 本体8,000円+税
ISBN ISBN4-589-02983-9
ジャンル 刑事法
本の説明 わが国の近代刑事立法に影響を与えたとされるナポレオン刑事訴訟法典・刑法典の翻訳書。刑事訴訟法は制定時そのままの条文を、刑法は制定以降およそ2世紀にわたる条文の変遷を訳出。近代刑事立法過程を知る上で史料的価値の高い一冊。
目次 序 ナポレオン・ボナパルトの刑事法典編纂作業
 1 死刑、烙印の刑および刑の言渡しを受けた者に認められる破棄請求期限に関するデクレ
 2 共和暦[年フリメール22日のフランス共和国憲法
 3 いくつかの軽罪の裁判権を軽罪裁判所に付する法律
 4 裁判所の組織に関する法律
 5 軽罪裁判所付きの検察官の職務に関する法律
 6 陪審員の任命方法に関する法律
 7 陪審員名簿についての忌避に関する法律
 8 重罪および軽罪の訴追に関する法律
 9 特別裁判所の設置に関する法律
 10 烙印の刑を科せられる軽罪およびそれを裁判する特別裁判所に関する法律
 11 治安裁判に関する法律
 12 共和暦]U年フロレアル28日の組織的元老院決議
 13 裁判組織に関する元老院決議
 14 1808年刑事訴訟法
 15 1810年1月1日までの重罪事件の予審の方法関するデクレ
 16 刑事訴訟法典の実施について定められた時期を1811年1月1日まで延期するデクレ
 17 1810年刑法典
 18 刑法典の施行時期を定めるデクレ
 19 裁判機構の組織および司法行政に関する法律
 20 帝国法院、重罪院および特別法院の組織ならびに業務についての規則を含むデクレ
 21 刑事法典の施行に関するデクレ
 22 第一審裁判所および違警罪裁判所の組織に関する規則を含むデクレ
 23 新刑事法典および新司法組織の実施に関するデクレ
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索