書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 紛争と対話
シリーズ 法動態学叢書・水平的秩序4
著者 山本顯治
判型 A5判
頁数 246頁
発行年月 2007年11月
定価 本体3,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03064-1
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 水平的秩序化における当事者自律、対立する当事者の間の対話と相互理解を基本に、当事者の行動原理、またとりわけ、当事者を支援する専門的援助者の役割、倫理、責任の問題を検討する。
目次 対人関係と責任の心理学
 T 社会的文脈における原因推論
 U 責任の認知と感情
 V 集団の行為と責任
 W 集団への偏見とステレオタイプ
法律と社会的ジレンマ
 T はじめに
 U 社会的ジレンマ・マネジメントにおける
   法律の役割
 V 社会的ジレンマ・マネジメントにおける
   法律と社会的規範の相補的関係
 W 社会的ジレンマ・マネジメントのための
   法律の制定と運用
 X おわりに
公正感と社会的規範
 T 主観的公正としての公正感
 U 主観的公正感の相違としての葛藤・紛争
 V 異なる社会的規範と接触可能性
 W 今後の課題
投資行動の消費者心理と民法学
 T ある判決
 U 投資行動の消費者心理
 V 民法理論への示唆
紛争解決の技法とはなにか
 T 紛争解決の技法とはなにか
 U ナラティヴとしての紛争
 V 紛争構造分析・技法のナラティヴ的敷衍
 W おわりに
紛争処理過程における第三者の役割
 T はじめに
 U 従来の議論動向の整理と評価
 V 第三者役割論の基本的視座
 W 法専門家役割論と倫理
 X 手続過程論
 Y 相談・交渉・ADRと第三者の役割
 Z 第三者役割論外廷
 [ おわりに
紛争過程における当事者の声
 T はじめに
 U 事例
 V 望まれる声
 W 転移と支援
 X おわりに
消費者紛争処理の法動態学
 T はじめに
 U 消費者紛争処理の全体的状況
 V テクストのなか/としての国民生活センター
 W 国民生活センターにとっての消費者紛争処理
 X 国民生活センターにとっての消費者法
 Y おわりに
家事調停の動態学
 T 序
 U 方法
 V 理論的手がかり
 W 家事調停の動態
 X 家事調停の手続構造
国際訴訟・国際仲裁と非国家法の適用
 T はじめに
 U 化石化条項の効力
 V 裁判所における非国家法の適用
 W 仲裁廷における非国家法の適用
 X 考察
 Y おわりに
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索