書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 平和憲法と永世中立
副題 安全保障の脱構築と平和創造
著者 澤野義一
判型 A5判
頁数 228頁
発行年月 2012年3月
定価 本体4,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03395-6
ジャンル 憲法
本の説明 平和憲法の理念を体現する永世中立論の現代的意義を検討し、政府や自治体の安全保障や平和政策の問題点を批判したうえで、代替的な政策を提言する。武力紛争の際の文化財保護にも言及。

  
目次 はしがき


◇第一部◇平和憲法と永世中立

第一章 永世中立国の現代的形態と安全保障政策
     ―永世中立の現代的意義と課題―
 はじめに/永世中立の意義と諸形態/特徴的な
 現代永世中立国の形態/永世中立国の安全保障
 政策の展開と問題状況/日本における永世中立
 の課題

第二章 中立国コスタリカの憲法と平和主義
     ―歴史と概要―
 はじめに/コスタリカ憲法の前史/コスタリカ
 憲法の制定過程と基本的特色/コスタリカ憲法
 の基本的人権と政治制度/コスタリカ憲法の平
 和主義/おわりに

第三章 憲法9条の世界化と非武装永世中立論の
    考察
     ―田畑忍博士の平和論に即して―
 はじめに/戦前および敗戦直後の平和観/憲法
 9条の歴史的意義づけと世界化論/憲法9条擁
 護と平和運動/非武装永世中立論に対する消極
 論から肯定論へ/非武装永世中立論の積極的展
 開/おわりに


◇第二部◇平和憲法と国際的および
     地域的安全保障

第四章 日本の平和憲法と「国際貢献」論
     ―自衛隊海外派兵と
      憲法9条改正論との関連で―
 はじめに/平和憲法と「国際貢献」論の展開/
 憲法9条改正のための「国際貢献」論/自衛隊
 の海外派兵とイラク派兵違憲判決の意義と課題
 /非軍事的「国際貢献」(論)の課題

第五章 自衛隊海外派兵法に関する現況と問題点
     ―海賊対処法と恒久派兵法案の検討―
 はじめに/海賊対処法の制定背景および概要と
 問題点/自衛隊恒久派兵法案の提言背景および
 概要と問題点/おわりに

第六章 北東アジアの安全保障と日本の平和憲法
     ―朝鮮半島有事論との関連で―
 はじめに/朝鮮半島有事論と軍事法制整備の動
 向/朝鮮半島有事論と平和憲法の改正論/平和
 憲法の理念を生かした北東アジアの地域的安全
 保障政策/おわりに

第七章 国際安全保障における自治体平和政策の
    現状と課題
 はじめに/国による自治体の軍事協力強化/自
 治体平和政策の再検討と新たな課題/自治体平
 和政策への国際人道法の活用/おわりに

第八章 武力紛争の際の文化財保護条約
    (ハーグ条約)とその地域的平和への活用
     ―憲法9条に基づく非戦・非武装地域
      創造のために―
 はじめに/1954年のハーグ条約の締結経緯と概
 要/1954年のハーグ条約と日本の対応/1954年
 のハーグ条約以降の関連条約と1999年のハーグ
 条約第2議定書の締結経緯/1999年のハーグ条
 約第2議定書の概要/日本のハーグ条約批准・
 加入と武力紛争の際の文化財保護法制定/ハー
 グ条約の平和的活用の課題
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索