• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 刑事法
  • > 保釈

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 保釈
副題 理論と実務
著者 丹治初彦編著
判型 A5判
頁数 210頁
発行年月 2013年7月
定価 本体3,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03535-6
ジャンル 刑事法
本の説明 刑事裁判では当然のようになされている保釈の基準、身体拘束が、歴史的・比較法的に見るといかに問題が多いかを理論的に考察する。刑事実務を批判的に解説した実務者・研究者必読・必携の書。

    
目次 はしがきにかえて
 ―今なぜ「保釈」を問題とするか

凡例および参考文献


◇第1部 保釈の理論◇

第1章 立法過程から見る日本の保釈制度
     ―保釈制度はどのように議論されて
      きたか
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・春日 勉
 はじめに/勾留の理論と歴史/旧法下における
 起訴前の身体拘束(勾引・勾留)/旧法下での
 保釈制度の運用/憲法制定と保釈制度/刑訴法
 制定と保釈制度/1953年・1958年刑訴法一部改
 正と保釈制度/国際基準と保釈制度

第2章 アメリカにおける保釈制度と手続
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸田 隆
 アメリカにおける刑事司法制度概要/保釈制度
 とその手続/保釈制度改革の概要

第3章 ドイツにおける身体拘束制度と保釈制度
    とその現状
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・斎藤 司
 ドイツにおける身体拘束制度の概要と現状/保
 釈手続と保釈要件/保釈手続の対審化と記録開
 示/勾留の執行停止のための「援助」/むすび


◇第2部 保釈の実務◇
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・丹治初彦

第1章 保釈の請求
 保釈の請求権者/保釈請求の方式/保釈請求の
 撤回

第2章 保釈請求から決定に至るまでの手続
 手続の流れ/弁護人の留意点

第3章 保釈の原因
 保釈の類型と要件/権利保釈/裁量保釈/義務
 的保釈

第4章 保釈の条件
 必要的条件(保釈金額の決定)/任意的条件/保
 釈条件の変更の可否

第5章 保釈の決定から執行までの手続
 保釈の裁判書とその告知/保釈執行の条件

第6章 保釈の失効
 保釈の取消し/保釈の当然執行

第7章 再保釈
 再保釈の基準/保釈保証金とその流用


◇第3部 保釈の課題と展望【座談会】◇
        ・・・・丹治初彦(司会)、丸山隆、
               春日勉、斎藤司
 保釈制度の理念と刑事手続上の位置づけ/起訴
 前保釈について/権利保釈とその除外事由/保
 釈決定手続―その対審化をめざして/法89条1
 号・2号・3号の除外事由/保釈条件としての
 保釈保証金等/裁判員裁判と保釈の運用/おわ
 りに
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索