書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働契約における規範形成の在り方と展望
シリーズ 日本労働法学会誌133号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 352頁
発行年月 2020年6月
定価 本体4,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-04089-3
ジャンル 学会誌
本の説明 シンポジウムの報告、記録、ワークショップ、個別報告、回顧と展望などを収録。
目次 《特別講演》
戦後労働法学の批判と継承………………毛塚勝利
―日本労働法学の自画像をどう描くか

《大シンポジウム》
労働契約における規範形成の在り方と展望

労働契約における規範形成………………野田 進
―本シンポジウムの趣旨
契約内容規制と当事者間の交渉力不均衡
―民法・消費者法と労働法………………大澤 彩
ドイツ法における普通取引約款規制と労働契約
………………………………………………皆川宏之
イギリスにおける労働契約の内容規制
…………………………………………キョウ ビン
労契法7条による契約上の規範形成と
制約のあり方………………………………本庄淳志
労働契約上の合意と一方的決定に対する制約法理
………………………………………………高橋賢司

《シンポジウムの記録》
労働契約における規範形成の在り方と展望

《ワークショップ》
T 労働法学は労働法の歴史から何を学ぶか
労働法学は労働法の歴史から何を学ぶか
―企画の趣旨と議論の概要………………石田 眞
20世紀システムと労働法政策…………濱口桂一郎
戦後労働法学の歴史(時期)区分とその特徴
………………………………………………石井保雄

U 割増賃金をめぐる最近の法律問題
―最近の最高裁判決を素材に
割増賃金をめぐって最近の裁判例が提起している
法律問題……………………………………浜村 彰
契約による割増賃金の法定外の支払方法と
通常の労働時間の賃金の関係……………渡辺輝人
使用者側弁護士(実務家)としてのコメント
……………………………………………小鍛冶広道

V 労働契約法20条に関する最高裁二判決の検討
労働契約法20条に関する最高裁二判決の検討
……………………細川 良・沼田雅之・井川志郎

W 顧客等によるハラスメントと法的課題
顧客等によるハラスメントと法的課題
………川口美貴・古川景一・松井 健・大塚達生

X ギグエコノミー下の就労者に対する
法的保護について
ギグエコノミー下の就労者に対する
法的保護について
………水口洋介・川上資人・菅 俊治・本久洋一

Y 働き方の多様化と労働法・経済法の役割
働き方の多様化と労働法・経済法:趣旨と概要
………………………………………………荒木尚志
経済法からみた労務・役務取引の規律…多田敏明
労働法の立場からの問題提起…………桑村裕美子

Z 解雇規制の在り方を考える
―解雇無効ルールと金銭解決ルールの比較
ワークショップの概要……………………土田道夫
解雇規制の在り方を考える………………大内伸哉

《個別報告》
ドイツ法における管理職労働者に関する解雇規制
………………………………………………稲谷信行
家事使用人の労働条件保護はどのように
なされるべきか……………………………根岸 忠
―台湾における家事労働者への
労働法適用をめぐる議論の検討をとおして
イギリス最低賃金法の研究………………藤井直子
―「全国一律額」方式の実現

《回顧と展望》
パワハラ防止法制化の意義と課題………河合 塁
労使合意による賃金債権の放棄と労働協約による
賃金債権の支払猶予の可否………………土岐将仁
―平尾事件・最判平成31・4・25労判1208号5頁
コンビニ加盟店主の労働組合法上の労働者性
………………………………………………青木克也
―セブン-イレブン・ジャパン事件・
中労委決平31・2・6労判1209号15頁

《投稿論文》
日本の障害者雇用政策における
統合雇用モデル推進に関する一考察……西田玲子
―アメリカの連邦政府機関における
アファーマティブ・アクションを参考に

《追悼》
追悼秋田成就先生…………………………中野育男
籾井常喜先生を偲ぶ……………………浅倉むつ子
2019年度学会奨励賞について……………和田 肇
日本労働法学会第136回大会記事
日本労働法学会第137回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索