検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名
著者名 北村雅史
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

スタンダード商法T 商法総則・商行為法〔第2版〕
[商法・会社法、経済法]
北村雅史 編
A5判・256ページ・2,750円(税込)
・基本事項に重点を置いた標準テキスト
・丁寧な解説で商法の基本と全体像、およびリーガルマインドを習得できる
・理解を促すために、適宜、図解を用いる
・コラムにて重要判例、学説上の論点を解説し、知識の定着と応用を可能にする
・法学部をはじめ、経済学部・経営学部・商学部の講義に最適
・T〜Wは基礎から発展レベル、Xは入門書
・T〜Wは令和元年会社法改正に対応して改訂

    
スタンダード商法T 商法総則・商行為法
北村雅史 編
A5判・248ページ・2,750円(税込)
商法の全体像を修得しながらリーガルマインドも養成できる、スタンダード商法(全5巻)の第1巻。
〜本書の特長〜
@基本事項に重点をおいた、標準テキスト
Aていねいな解説と「コラム」「論点」「図表」により、商法の全体像が理解できる
Bリーガルマインドの涵養をめざす
C法学部をはじめ経済学部・商学部・経営学部の講義に最適
D平成30年商法改正に対応した最新版

          

改訂版が刊行されております

この書籍は品切につき入手できません
プライマリー商法総則・商行為法〔第4版〕
[商法・会社法、経済法]
藤田勝利 ・北村雅史 編
A5判・212ページ・2,640円(税込)
2014年会社法改正、2017年民法(債権法)改正、2018年商法(運送営業、倉庫営業等)改正を反映させるとともに、第3版(2010年)以降の重要判例を追加する改訂版。学説上の重要論点や判例実務上のトピックも盛り込む。

    

電子書籍はこちら
プライマリー商法総則・商法行為〔第3版〕
藤田勝利 ・北村雅史 編
A5判・234ページ・2,640円(税込)
重要な論点と今日的なトピックをテーマにしたコラムを多数掲載し、初学者の理解を深めるための工夫をこらした教科書。金融商品取引法の制定、信託法および保険法の改正、最新の判例をふまえた改訂版。

  

改訂版が刊行されております

この書籍は品切につき入手できません
プライマリー会社法〔第4版〕
[商法・会社法、経済法]
藤田勝利 ・北村雅史 編
A5判・354ページ・3,190円(税込)
会社法の全体像や制度の概要を理解するうえで定評のある教科書の改訂版。2014年改正に対応して記述を見直し、第3版(2010年)刊行以降の重要判例等を盛り込んだ。論点やコラムも一部刷新した。

    
企業法の改正課題
[商法・会社法、経済法]
砂田太士 ・久保寛展 ・高橋公忠 ・片木晴彦 ・徳本穰 編
A5判・536ページ・11,440円(税込)
平成26年・令和元年会社法改正(第1編)、令和元年金融商品取引法改正(第2編)を踏まえ、会社をめぐる問題を多角的に検討。企業の社会的責任(CSR)、株主総会のIT化、社外取締役の機能、取締役報酬の規制、監査役の責任、上場会社の情報開示、暗号資産と情報開示などのテーマを含む32の論考を収録。

    
グローバル化の中の会社法改正
[商法・会社法、経済法] [記念論集・個人全集・講座]
北村雅史 ・高橋英治 編
A5判・476ページ・10,780円(税込)
藤田勝利先生古稀記念論文集
会社法改正の二つの柱である「企業統治」と「親子会社」に関する諸問題の実務的・比較法的検討を通じて、日本の会社法制がグローバル化のなかでどのように変容しているのかを論究する。

    
会社法の到達点と展望
[商法・会社法、経済法] [記念論集・個人全集・講座]
徳本穰 ・徐治文 ・佐藤誠 ・田中慎一 ・笠原武朗 編
A5判・534ページ・12,100円(税込)
戦後から現在までの会社法の大きな展開を整理し、原点から到達点までを共有のうえ、会社法における現時点の争点・論点を掘り下げた24論考。国際的動向および最新の判例法理をふまえ、根源的および喫緊の課題を論究。

    

電子書籍はこちら
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索