• TOP 
  • > 近刊・改訂

近刊・改訂

※下記書誌情報は変更になる場合があります

近刊

地方自治法と住民
判例と政策
著者:白藤博行・榊原秀訓・徳田博人・本多滝夫編著
予価:本体2500円+税
判型・頁数:A5判・250頁
発行予定:2020年5月
地方自治法と地方自治関連法の一般的・抽象的な理論の解説にとどまらず、判例をもとに行政領域ごとの政策課題を提示。学習課題や具体的判例・事例を掲げることで基礎知識の習得とともに、地方自治の政策立案力の涵養をめざす。
これからの消費者法
社会と未来をつなぐ消費者教育
著者:谷本圭子・坂東俊矢・カライスコス アントニオス著
予価:本体2400円+税
判型・頁数:A5判・230頁
発行予定:2020年5月
被害の救済・予防のための法解説だけでなく、消費の質を問い、持続可能な社会の実現へ向けた消費のあり方や法制度の要点をわかりやすく概説。社会を構成する市民=生活者として、いま何が問われ、消費を通じて社会と未来への責任をどう果たすかを考察する。消費者教育の指針も明示。
入門 憲法学
憲法原理から日本社会を考える
著者:京都憲法会議監修/木藤伸一朗・倉田原志・奥野恒久編
予価:本体2000円+税
判型・頁数:A5判・192頁
発行予定:2020年5月
大学における教養科目「日本国憲法」の教科書。日本国憲法の基本原理・価値を確認しながら、リアルな憲法状況を考察し、問題にいかに向き合うべきかを明示する。各章末には現況の憲法問題への見解や問題提起を付した。また、本論で言及できなかった今日的問題を考えてもらうためのコラムも掲載。
入門 憲法学
憲法を楽しむ
著者:憲法を楽しむ研究会編
予価:本体2700円+税
判型・頁数:A5判・234頁
発行予定:2020年5月
人権、統治の古典的論点とともに、「成年後見人の医療同意権」「障がい者の自立と地域で暮らす権利」「女性優遇措置(クォータ制)と逆差別」など、これまであまり注目されてこなかった人権主体に関わるテーマをとりあげる。各章「できごと」「考えてみよう憲法問題」の二段構成で、事例に沿う展開でわかりやすさを工夫。
労働契約における規範形成の在り方と展望
著者:日本労働法学会編
予価:本体4200円+税
判型・頁数:A5判・356頁
発行予定:2020年5月
シンポジウムの報告、記録、ワークショップ、個別報告、回顧と展望などを収録。
日本近代家族法史論
著者:村上一博著
予価:本体2900円+税
判型・頁数:A5判・326頁
発行予定:2020年4月
明治大正期家族法史研究の今日的到達点を整理し、親族相続法に関する裁判例と学説の検討に新たな視点を提示する。家族法の未来像を模索するうえで、日本近代家族法の軌跡を浮き彫りにし、混迷する現在の家族法に示唆を与える。
日本近代家族法史論
経済政策入門
著者:藤川清史編
予価:本体2800円+税
判型・頁数:A5判・274頁
発行予定:2020年4月
基礎的な知識の習得のみならず、現実の経済政策の動向や効果、問題点を論理的に理解、考察できることをめざした入門書。ミクロ・マクロ経済政策から説きおこし、財政・金融・経済成長政策を解説。今後の豊かさを考えるものとして、貿易・社会保障・環境政策を取りあげる。
経済政策入門
現代税法と納税者の権利
三木義一先生古稀記念論文集
著者:三木義一先生古稀記念論文集編集委員会編
予価:本体7800円+税
判型・頁数:A5判・374頁
発行予定:2020年4月
税法研究の第一人者であり、公益活動や税制のご意見番としても活躍中の三木義一先生の記念論文集。寄稿者:伊川正樹・奥谷健・望月爾 ・安井栄二・木山泰嗣・道下知子・田中治・元氏成保・占部裕典・鹿田良美・前田謙二・谷口勢津夫・余郷太一・山崎笑・青木丈・市木雅之
現代税法と納税者の権利
知的障害者家族の貧困
家族に依存するケア
著者:田中智子著
予価:本体3600円+税
判型・頁数:A5判・166頁
発行予定:2020年4月
家計を切り口に、知的障害者家族の生活―障害・ケア・貧困の構造的関連性―を分析・考察。障害者本人に関する収支調査や母親12人へのインタビューを通して、ケアの役割を社会的に強制されている母親に生じている生活問題を明らかにする。
知的障害者家族の貧困
国際平和活動の理論と実践
南スーダンにおける試練
著者:井上実佳・川口智恵・田中(坂部)有佳子・山本慎一編著
予価:本体2400円+税
判型・頁数:A5判・188頁
発行予定:2020年4月
国際社会の諸アクターは、人道問題を含む複合的危機、ひいてはそれを引き起こす紛争になぜ関与し、どのように対処するのか?世界で一番新しい国・南スーダンを事例に、学際的な研究と多彩なコラムを通じて、平和構築をめぐる学術的・政策的な課題を浮き彫りにする。

国際平和活動の理論と実践
民事訴訟雑誌66号
[民事訴訟雑誌]
著者:日本民事訴訟法学会編
予価:本体3000円+税
判型・頁数:A5判・250頁
発行予定:2020年4月
《論説》 菅原郁夫/岡田幸宏/村田渉 《シンポジウム》 司会:長谷部由紀子/報告:越山和広/名津井吉裕/菱田雄郷 《研究報告》 《紹介》 ほか
民事訴訟雑誌66号

改訂予定

民法総則〔改題補訂版〕
著者:高森八四郎著
予価:本体2700円+税
判型・頁数:A5判・230頁
発行予定:2020年5月
難解とされる総則を具体例を入れてわかりやすく解説し、基本概念を判例・学説を参照しながら要領よくまとめた教科書。法律の変遷に注目し、法改正の趣旨や目的を盛り込み、法解釈の本質の把握をめざす。近年の民法改正に対応した最新版。旧『民法講義1総則』。
レクチャー社会保障法〔第3版〕
[αブックス]
著者:河野正輝・江口隆裕編
予価:本体3000円+税
判型・頁数:A5判・326頁
発行予定:2020年5月
社会保障法の基本的な法制度を概説した標準的教科書。各制度のしくみや機能について原理・原則を踏まえ概説。継続的に改革し続ける制度が抱える課題にも言及。旧版刊行(2015年)以降の法改正や動向を踏まえ全面改訂。
立法学〔第4版〕
序論・立法過程論
著者:中島誠著
予価:本体4000円+税
判型・頁数:A5判・432頁
発行予定:2020年4月
立法過程を包括的に考察した唯一の体系的概説書の最新版。前回の改訂から6年の立法過程の展開と変容を政治情勢を織り込み、かつ近年の研究業績を踏まえ、補訂を施した。日本政治を考えるための視座を提示するとともに、立法過程の全貌に迫る。
立法学〔第4版〕
新プリメール民法1 民法入門・総則〔第2版〕
[αブックス]
著者:中田邦博・後藤元伸・鹿野菜穂子著
予価:本体2800円+税
判型・頁数:A5判・352頁
発行予定:2020年3月
2020年4月債権法改正施行。はじめて民法を学ぶ人のために、読みやすさ・わかりやすさを追求した好評シリーズ第1巻。成年年齢の引下げ、消費者契約法の改正(2018年)を踏まえて改訂。
新プリメール民法1 民法入門・総則〔第2版〕
新プリメール民法3 債権総論〔第2版〕
[αブックス]
著者:松岡久和・山田希・田中洋・福田健太郎・多治川卓朗著
予価:本体2700円+税
判型・頁数:A5判・288頁
発行予定:2020年3月
はじめて民法を学ぶ人のために、読みやすさ・わかりやすさを追求した好評シリーズ第3巻。2020年4月の民法(債権関係)改正法の施行に合わせ、新法についてより詳しく解説。
新プリメール民法3 債権総論〔第2版〕
新プリメール民法4 債権各論〔第2版〕
[αブックス]
著者:青野博之・谷本圭子・久保宏之・下村正明著
予価:本体2600円+税
判型・頁数:A5判・258頁
発行予定:2020年3月
はじめて民法を学ぶ人のために、読みやすさ・わかりやすさを追求した好評シリーズ第4巻。2020年4月の民法(債権関係)改正法の施行に合わせ、新法についてより詳しく解説。
新プリメール民法4 債権各論〔第2版〕
アクチュアル行政法〔第3版〕
[アクチュアルシリーズ]
著者:市橋克哉・榊原秀訓・本多滝夫・稲葉一将・山田健吾・平田和一著
予価:本体3100円+税
判型・頁数:A5判・386頁
発行予定:2020年4月
基本的な原理と仕組みをおさえたうえで、制度変化や担い手の多様化を視野にいれて、判例を中心に行政法運用について解説。行政法を「社会科学の『理論・枠組み』の中にいれた」視角で分析した骨太の教科書。
リーガルリテラシー法学・憲法入門
著者:浅川千尋著
予価:本体2100円+税
判型・頁数:A5判・156頁
発行予定:2020年4月
「法および憲法についての知識を習得のうえ、それを自己および他者の権利と自由を実現するために行使し、主権者として司法・立法・行政へ参画できる能力」=「リーガルリテラシー」を身につけることを目的としている。改憲論や政治動向を踏まえた最新版。
リーガルリテラシー法学・憲法入門
新・消費者法これだけは〔第3版〕
[HBB+]
著者:杉浦市郎編
予価:本体2500円+税
判型・頁数:四六判・256頁
発行予定:2020年4月
「これだけは知っておきたい」消費者法の基本事項と救済手段を体系的に学び、図表や具体例を用いて解説する入門書。民法債権編や消費者契約法の改正といった変化の大きい消費者法の最新動向を反映。
新・消費者法これだけは〔第3版〕
新・ケースで学ぶ国際私法
著者:野村美明・高杉直・長田真里編著
予価:本体3200円+税
判型・頁数:A5判・318頁
発行予定:2020年4月
ケースを基に国際私法・国際民事手続法の基礎から応用までを丁寧に解説。授業でも使いやすいように構成や叙述を見直した。法令改正や判例動向を踏まえつつ、理解の助けになる資料を盛り込む。
新・ケースで学ぶ国際私法
フロンティア労働法〔第3版〕
著者:神尾真知子・増田幸弘・内藤恵著
発行予定:2020年春
法学部入門〔第3版〕
著者:吉永一行編
発行予定:2020年秋
判例学習・刑事訴訟法〔第3版〕
著者:葛野尋之・中川孝博・渕野貴生編
発行予定:2020年秋
18歳から考える人権〔第2版〕
著者:宍戸常寿編
発行予定:2020年秋
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索