書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 東アジアにおける社会政策学の展開
著者 社会政策学会
判型 A5判
頁数 290頁
発行年月 2006年10月
定価 本体3,800円+税
ISBN ISBN4-589-02980-4
ジャンル 社会政策
本の説明 「生産的福祉」のもと社会改革を進める韓国、市場経済に対応した社会保障制度整備を行う中国、そして日本の具体的政策を明らかにし、社会政策学確立の可能性をさぐる。
目次 はしがき
 序章 東アジアにおける社会政策学の可能性/武川正吾
  1 これまでの東アジア社会政策研究
  2 新しい研究関心
  3 社会政策学会における東アジア研究の取り組み
  4 東アジア各国における社会政策学の確立
第T部 社会政策学の現状と課題
 1章 日本における社会政策の展開と特質―東アジアの比較軸/玉井金五
  はじめに
  1 20世紀前半期における展開
  2 高度成長期の様相
  3 低成長期における再編
  4 東アジア間比較に向けて
 2章 韓国における社会政策学の可能性/尹朝徳
  1 序論
  2 韓国における福祉制度の拡大推移
  3 政府の社会政策
  4 労働組合の政策建議活動
  5 学界の対応
  6 大学での社会政策学講義
  7 要約および結論
 補論@ 韓国における社会政策概念の浮上と社会政策学の可能性/金淵明
  1 社会政策学の受容とその流れ
  2 1997年の経済危機以降における社会政策概念の浮上
  3 分科学問としての社会政策「学」の発展可能性
 3章 中国の社会政策/楊団
  はしがき
  1 中国社会政策形成の客観的環境
  2 中国社会政策が直面している構造的社会問題
  3 中国社会政策の基本内容
  4 中国社会問題の論争焦点
  5 中国において社会政策を構築するための当面の急務
 補論A 社会政策時代に向かう中国/王思斌
 補論B 中国における社会政策の発展/唐鈞
  1 中国における社会政策の発展状況
  2 中国における社会政策の発展趨勢
  3 中国における社会政策の発展構想
第U部 東アジアにおける社会政策の諸相
 4章 韓国の開発主義福祉レジーム―新しい東アジア福祉レジームを求めて/鄭武權
  はじめに
  1 東アジア福祉レジームに関する理論的議論
  2 韓国型開発主義的福祉レジーム―比較の視点
  3 開発主義福祉レジームの持続性
     ―グローバリゼーション、民主化、人口高齢化のインパクト
  4 結論:今後の研究課題
 5章 金大中政府の「生産的福祉」―その歴史的意味と残された課題/李惠Q
  はじめに
  1 IMF危機と金大中政府の「生産的福祉」
  2 金大中政府の社会福祉改革
  3 未完の課題と新しい政府の選択
 6章 金大中政府の女性政策/鄭鎭星
  1 金大中政府の女性政策を決定した変数
  2 金大中政府の女性政策の内容
  3 女性労働および女性福祉政策
  4 女性暴力、女性の人権および女性の代表性増進政策
  5 女性機構および法・制度整備
  6 女性運動とジェンダー・ポリティックス
  7 むすびにかえて
 7章 韓国社会保障システムの財政的安定性と政策的措置/朴純一
  1 経済危機と社会保障支出の増加
  2 高齢化社会成熟期にみられる社会保険システムの財政的不安定さ
  3 社会支出の財政的安定化のための政策的措置
 8章 改革後の中国における社会変動と福祉多元主義の発展/熊
     ―中国福祉レジームをめぐる討議
  はじめに
  1 中国における社会福祉発展の歴史的背景
  2 市場経済下の社会問題と社会福祉・社会政策に与えるインパクト
  3 市場経済時代の福祉多元主義の発展
  4 結論と議論
 9章 中国における医療保険の形成とその実態/于洋
  はじめに
  1 従来の医療保険制度の仕組みとその実態
  2 医療保険改革の背景
  3 改革期における動向とその実態
  4 基本医療保険制度の形成とその実態
  5 市場経済への転換と医療保険改革との関連
  おわりに
 終章 東アジアにおける社会政策の可能性/埋橋孝文
  はじめに―東アジアにおける社会政策の新時代
  1 東アジアと日本―相互に学べる共通基盤の生成
  2 後発性利益の「享受」から「喪失」へ
  3 中国の高度成長と所得分配の動向―中国国内での「社会政策」への注目
  4 東アジア社会政策における「労働と福祉」の関係をめぐって
  おわりに―東アジア社会政策統計データベースの整備・構築
年表
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索