• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 社会政策
  • > 貧困問題

書籍ジャンル検索

社会政策

貧困問題

「子どもの貧困」を問いなおす近日発売予定
[貧困問題]
松本伊智朗 編
A5判・274ページ・本体3,300円+税 [予価]
貧困の本質は「構造的な不平等」である。子どもの貧困を生みだす構造のなかに家族という仕組みを位置づけ、同時に歴史的に女性が負ってきた社会的不利を考察、論究する。「政策」「生活の特徴と貧困の把握」「ジェンダー化された貧困のかたち」の3部12論考による貧困の再発見。
すぐそこにある貧困
[貧困問題]
小久保哲郎 ・安永一郎 編
A5判・270ページ・本体2,300円+税
いまや貧困問題は「すぐそこにある」ものになった。しかし、どこか他人事とされがちな野宿者問題。代表的な訴訟を当事者・弁護士の視点から描き、リアルな現実として再構成する。

    
地方都市のホームレス
[貧困問題]
垣田裕介 著
A5判・200ページ・本体3,000円+税
支援資源が乏しい地方都市のホームレスの実態と支援策を分析し、支援のあり方や社会保障の抱える課題を明らかにする。アクションリサーチという手法で実態解明と提起を行う。

  
欧米のホームレス問題(上)
[貧困問題]
小玉徹 ・中村健吾 ・都留民子 ・平川茂 著
A5判・384ページ・本体4,500円+税
英・独・仏・米・EUのホームレス生活者の実態と支援の政策・制度の調査と研究の集大成。長い歴史をもつ諸国の問題の捉え方や正負双方の経験から、貧困・社会的排除に対する施策のあり方、福祉国家とは何かを考える。
欧米のホームレス問題(下)
[貧困問題]
中村健吾 ・中山徹 ・岡本祥浩 ・都留民子 ・平川茂 編著
A5判・340ページ・本体4,200円+税
「ホームレス問題は現代における貧困の極限的な形態」との認識のもと、各国の事情に即して試みられている象徴的かつ具体的な支援策を紹介、検証する。多様な考え方、形態から日本の支援策のあり方を考える。
都市の包容力
[貧困問題]
水内俊雄 ・福本拓 編
A5判・86ページ・本体800円+税
「余剰人口」の受入れに際して、現代都市はどのようなスタンスをとるのか。「包容力のある都市」を理論的フレームワークに据え、都市空間に内在する多様な社会的変容を包括的に捉えなおし、新たなアプローチを提示する。

    
日本における貧困世帯の量的把握
[貧困問題]
江口英一 ・川上昌子 著
A5判・240ページ・本体4,600円+税
貧困線と社会階層の分析による二つの手法により貧困量を測定した長年の研究の成果。多くの議論を呼んだ1972年の中野区調査とそれ以降の測定結果を収録。貧困の質を強調する社会的排除論を検証し、量的研究に基づいた政策の重要性を示す。

    
社会福祉と貧困
[貧困問題]
江口英一 編著
A5判・530ページ・本体7,500円+税
9割以上の国民が生活実感として中流意識をもっているが、実態は人間としての最低生活も守られてはいない。住宅、教育、雇用など生活の諸側面から今日の困難な状況を把握・分析し、生活安定の実現の道を社会福祉運動との関連を通して考える。
日本の貧困
[貧困問題]
室住眞麻子 著
A5判・214ページ・本体3,100円+税
ジェンダー視点から家計研究の歴史をたどり、低所得世帯の家計を分析。これまで見逃されてきた日本における女性や子どもの貧困の実態を明らかにし、福祉国家のあり方を検討する。

貧困理論の再検討
[貧困問題]
志賀信夫 著
四六判・224ページ・本体3,300円+税
従来の「相対的剥奪」から定義される貧困理論では説明できない「新しい貧困」をいかにとらえるか。理論研究のみならず、実証研究やその現場から得られた知見をもとに検討。今後の貧困理論の構築のため礎石となる書。

    

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索