書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 環境正義と平和
副題 「アメリカ問題」を考える
著者 戸田清
判型 四六判
頁数 278頁
発行年月 2009年4月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03166-2
ジャンル 平和学 環境問題
本の説明 環境正義について整理し、環境学と平和学の視点から現代世界の構造的矛盾を批判的に考察。近代世界システムに内在する矛盾と限界により複合的な危機の時代を迎えた今、オルタナティブな世界へ向けた道標を提示する。

目次 まえがき

第1章 環境学と平和学からみた暴力
 T戦争は最大の環境破壊
 U資源浪費構造を維持するための戦争
 V公害・環境問題にみられる構造的暴力
 W環境学と平和学

第2章 環境正義と社会
 Tアフリカ系米国人、米国先住民、在日コリア
  ンなどマイノリティの環境権
 U核開発と環境正義
 V資源・環境問題と南北格差・戦争
 W持続可能な社会と世代間正義
 X人間中心主義と自然の内在的価値

第3章 水俣病事件における食品衛生法と憲法
 Tはじめに
 U最高裁判決
 V排水規制と認定基準
 W食品衛生法
 X憲法
 Y被害の拡大
 Zおわりに

第4章 「米国問題」を考える
 T「米国問題」という言葉
 U「米国問題」を象徴する発言
 V世界社会に占める米国のプレゼンス
 W「9・11事件」の謎

第5章 原爆投下を裁く国際民衆法廷
 T民衆法廷・広島の概要
 U実行委員会共同代表による経過説明
 V検事団による起訴状
 W証言、検事団最終弁論、アミカス・キュリエ
  意見
 X判決と勧告

第6章 環境と平和をめぐる論考
 T原爆と平和教育
 U劣化ウラン弾の問題をどう学習するか
 Vベトナム枯葉作戦
 W霊長類と暴力
 X煙草問題
 Y書評

補章 用語集

あとがき
初出一覧
資料 新聞社説の比較/推薦図書/著訳書リスト
事項・人名索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索