書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 憲法と沖縄を問う
著者 井端正幸渡名喜庸安仲山忠克
判型 A5判
頁数 196頁
発行年月 2010年7月
定価 本体2,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03277-5
ジャンル 憲法
本の説明 積年の課題である米軍基地問題だけでなく、自然、教育、労働、生存権、自治など諸問題を、「憲法から沖縄を」「沖縄から憲法を」という2つの視角を交差させ多角的・実証的に分析する

      
目次 はしがき

第1章 総論            井端正幸
 憲法とは何か/沖縄と憲法

第2章 沖縄と基地(1)―2つの法体系と基地問題
                  新垣 勉
 沖縄における米軍基地の建設/日本復帰と米軍
 基地/地位協定の構造的・根源的問題/地位協
 定の内容/地位協定の抜本的見直しの必要性

第3章 沖縄と基地(2)
  ―「国家の安全保障」と「人間の安全保障」の
   間で             高作正博
 沖縄で続く基地被害の実態/「平和的生存権」と
 基地被害/沖国大ヘリ墜落事故と日米両政府の
 対応/爆音訴訟と裁判官の判断

第4章 沖縄と基地(3)―軍用地の強制収用問題
                  徳田博人
 憲法29条の概要と土地収用法制/軍用地の土地
 収用法制と駐留軍特措法/安保の「軍事的公共
 性」対 市民的生存的公共性

第5章 沖縄と自然保護       加藤 裕
 環境権論の現代的展開/沖縄での環境訴訟の展
 開

第6章 沖縄・平等・家族      上原智子
 法の下の平等/平等原則違反が問われた沖縄の
 裁判例/家族における個人の尊厳と平等/憲法
 24条「改正」の動き

第7章 内心の自由と沖縄靖国訴訟  高橋義人
 思想・良心・宗教の自由/靖国訴訟と沖縄/沖縄
 と合祀

第8章 表現・歴史・民主政
  ―教科書検定と沖縄の「民意」   高作正博
 表現の自由と民主政/沖縄戦の「歴史」と教科書
 検定/沖縄戦「軍命」削除の違憲性と沖縄の「民
 意」

第9章 知る権利と防衛情報     仲山忠克
  ―那覇市情報公開決定取消訴訟事件
 知る権利と情報公開制度/那覇市情報公開条例
 の制定と概要/本件訴訟に至る経緯/本件訴訟
 の特徴と基本的争点/判決の内容とその確定/
 本件訴訟で明らかとなった問題点、教訓等につ
 いて

第10章 沖縄における生存権     高田清恵
 概説/沖縄における生存権

第11章 学問の自由・教育権・学習権  高良鉄美
 学問の自由/教育を受ける権利・学習権・教育の
 自由/教育法制の諸問題/沖縄における学問の 自由・大学の自治・教育権・学習権の問題

第12章 沖縄の雇用・失業問題     矢野昌浩
 憲法における雇用・労働条項の意義/沖縄型雇
 用社会の現状と雇用対策の課題/沖縄県におけ
 る若年者雇用対策の展望

第13章 沖縄における地方自治   渡名喜庸安
 憲法による地方自治の保障/沖縄における地方
 自治の展開/地方分権改革と沖縄における地方
 自治

第14章 沖縄における自治の実践
  ―県民投票・市民投票       井端正幸
 現代国家と民主制/沖縄の自治と米軍基地問題

第15章 国家主権と人権      比屋定泰治
 国家主権とは/米軍の訓練による騒音被害/米
 軍基地の環境汚染/米軍基地問題の解消のため
 に


〈資料〉
  日本国憲法/日米安全保障条約(旧安保条約)
  /日米安全保障条約(新安保条約)/日米位置
  協定
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索