書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 環境教育学
副題 社会的公正と存在の豊かさを求めて
著者 井上有一今村光章
判型 A5判
頁数 214頁
発行年月 2012年4月
定価 本体2,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03408-3
ジャンル 環境問題 教育
本の説明 既存の〈環境教育〉の限界と課題を根源的に問い直すなかで、真に求められている環境教育学には、「社会的公正」と「存在の豊かさ」という視座と社会変革志向が包含していることを提示。

  
目次 はしがき


序 章 <環境教育>から環境教育へ
 <環境教育>の出自と歴史を振り返る意義/環境
 教育の歴史と特徴/<環境教育>の限界と環境教
 育の可能性


■第T部 持続可能で公正な社会を求めて■

第1章 環境教育の「底抜き」を図る
      ―「ラディカル」であることの意味
 環境教育が「ラディカル」であることの意味を
 考える/「底抜き」を図る/持続と公正と豊か
 さのための環境教育

第2章 公害教育
     ―環境教育の原点から未来をつむぐ
 公害は終わっていない、公害教育も終わってい
 ない/現代における公害教育の実践―未来に向
 けた環境教育の萌芽/これからの公害教育―E
 SDとしての展開可能性

第3章 開発教育研究から学校教育を問いなおす
     ―環境教育の実践に向けた新たな展望
 学校教育の場で環境教育を実践することの可能
 性と困難さ/開発教育はどのような社会の実現
 と人間の育成をめざしてきたか/学校教育のも
 つ社会の再生産装置としての機能を問いなおす
 /開発教育の可能性を拓く実践のあり方/開発
 教育の意義と可能性を拓く専門家としての教師

第4章 ポスト・フクシマ時代の社会的公正への
    視座
 原発震災とさまざまな敗北/原発問題と環境問
 題の共通性格/環境問題から隔離された原発問
 題/震災の前とあと/敗北を抱きしめてポスト
 ・フクシマへ


■第U部 共にいまを生きる豊かさを求めて■

第5章 詩的に大地に住まうこと
     ―<環境教育>の彼岸へ
 詩的に大地に住まうことに向けて/<環境教育>
 はプロジェクトであった―「非詩的」な生き方
 を再考する/<環境教育>の3つの限界―<環境教
 育>の実効性が保証されないのはなぜか/<環境
 教育>というプロジェクトの彼岸へ

第6章 大人の論理を超える子どもの遊び体験
 子どもの遊びを取り巻く今日的状況/遊びにお
 ける体験と教育における経験/遊びの理論と概
 念の成立をめぐって/遊び体験の意義

第7章 「いまを生きること」の豊かさを求めて
     ―児童文学『モモ』が語る生命の時間
 産業社会における“Time is money.”という時
 間意識/『モモ』における“Time is life.”
 という時間意識/「いまを生きること」に豊か
 さを見いだす環境教育

第8章 無為の生み出す豊かさ
     ―共に在ることにおいて立ち現れる
      この私たちの存在と意味
 私たちを取り巻く環境/Developmentのための
 <環境教育>の臨界/無為というオルタナティブ
 /共に在ることにおいて生み出される豊かさ

終 章 環境教育の深みにあるもの
 「エコ」を越えたその向こうにあるもの/8つ
 の側面からみるラディカルな環境教育/持続可
 能な社会に向けて―エコロジーの3つの原理、
 そして環境教育/むすびにかえて


あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索