書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 地方分権改革/職業生活中断と社会保障
シリーズ 社会保障法第27号
著者 日本社会保障法学会
判型 A5判
頁数 240頁
発行年月 2012年5月
定価 本体3,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03434-2
ジャンル 学会誌
本の説明 《第59回大会》シンポジウム「地方分権改革における社会保障の在り方」:下井康史/小西啓文/衣笠葉子/新田秀樹/石橋敏郎 個別報告:廣田久美子 《第60回大会》シンポジウム「職業生活の中断と社会保障」:一戸真子/水島郁子/倉田賀世/高畠淳子/中野育男 個別報告:鈴木 靜 ほか

目次 はじめに 2011年:現在・過去・未来
       ……………………………加藤智章

◆第59回大会◆
[シンポジウム]
地方分権改革における社会保障の在り方
 2011年第二期地方分権改革の
 意味・意義・課題………………………下井康史
 介護保険法にみる地方分権改革推進の功罪
       ……………………………小西啓文
 地方分権と保育保障
  ―保育制度改革に焦点を当てて……衣笠葉子
 地方分権と医療制度改革
  ―医療計画と国保における
   都道府県の位置づけを中心に
       ……………………………新田秀樹
 地方分権と所得保障
  ―生活保護制度を中心として………石橋敏郎
 質疑応答
[個別報告]
障害者の就労支援保障―ドイツ法を手がかりに
       …………………………廣田久美子

◆第60回大会◆
[シンポジウム]
職業生活の中断と社会保障
 職業生活の中断を論じる意義…………一戸真子
 傷病を理由とする労働生活の中断と社会保障法
       ……………………………水島郁子
 出産・育児・介護による労働生活の中断
       ……………………………倉田賀世
 失業による労働生活の中断と所得保障
       ……………………………高畠淳子
 職業生活の中断と職業教育訓練………中野育男
 質疑応答
[個別報告]
公衆衛生と患者の人権
 ―ハンセン病医療政策を例に…………鈴木 靜

書 評
 伊奈川秀和著
 『フランス社会保障法の権利構想』
  (信山社、2010年)……………………清水泰幸
 菊池馨実著『社会保障法制の将来構造』
  (有斐閣、2010年)……………………品田充儀
 島崎謙治著『日本の医療―制度と政策』
  (東京大学出版会、2011年)………原田啓一郎

判例回顧
 社会保険系……………………………脇野幸太郎
 社会福祉系……………………………柴田洋二郎

学会関連情報
 立法紹介…………………………………嶋田佳広
 国際学会の動向…………………………林 弘子
 学術会議だより………………………廣瀬真理子
 出版案内
 学会事務局からのお知らせ
 学会誌編集委員会からのお知らせ

SUMMARY
編集後記
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索