書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ポピュリズム時代のデモクラシー
副題 ヨーロッパからの考察
著者 高橋進石田徹
判型 A5判
頁数 238頁
発行年月 2013年3月
定価 本体3,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03490-8
ジャンル 政治学
本の説明 ポピュリズム的問題状況が先行しているヨーロッパを対象とし、理論面と実証面から多角的に分析し、論点の抽出を試みた。同様の問題状況があらわれつつある日本政治に多くの示唆を与える。

  
目次 まえがき


◇第T部 ポピュリズムへの視角

第1章 デモクラシーの現在とポピュリズム
           ・・・・・・・・・・・・・・野田昌吾

第2章 ポピュリズム時代における新しい民主主
    義の展開と市民社会戦略
     ―ヨーロッパ・ドイツの事例を中心に
      して   ・・・・・・・・・・・・・・坪郷 實

第3章 新しい右翼の台頭とポピュリズム
     ―ヨーロッパにおける論議の考察
           ・・・・・・・・・・・・・・石田 徹


◇第U部 ポピュリズムの諸相

第4章 ドイツにおける抗議・市民運動としての
    右翼ポピュリズム
     ―プロ・運動の事例を中心に
           ・・・・・・・・・・・・・・中谷 毅

第5章 マリーヌ・ルペンと新しい国民戦線
     ―「右翼ポピュリズム」とフランスの
      デモクラシー
           ・・・・・・・・・・・・・・畑山敏夫

第6章 「反税」から「帝国」へ
     ―1950年代フランスのプジャード運動
           ・・・・・・・・・・・・・・藤井 篤

第7章 イギリスのポピュリズム
     ―新自由主義から反移民・反EUへ
           ・・・・・・・・・・・・・・小堀眞裕

第8章 ポピュリズムの多重奏
     ―ポピュリズムの天国:イタリア
           ・・・・・・・・・・・・・・高橋 進

第9章 オーストリアのポピュリズム
     ―ハイダーからシュトラッヘへ
           ・・・・・・・・・・・・・・馬場 優

第10章 スウェーデンの移民政策とデモクラシー
           ・・・・・・・・・・・・・・野田 葉


あとがき
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索