書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働組合法立法史の意義と課題
シリーズ 日本労働法学会誌125号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 190頁
発行年月 2015年5月
定価 本体2,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03678-0
ジャンル 学会誌
本の説明 《128回大会》シンポジウム報告:野川 忍/富永晃一/竹内(奥野)寿/中窪裕也/野田 進/仁田道夫
《回顧と展望》山本圭子/石ア由希子/篠原信貴 ほか収録
目次 《シンポジウム》
労働組合法立法史の意義と課題

《報告》
報告の趣旨と構成 ………………………野川 忍
労働組合法立法過程にみる労働組合の規制の変容
     …………………………………富永晃一
団体交渉過程の制度化,統一的労働条件決定シス
 テム構築の試みと挫折―昭和24年労働組合法改
 正における団体交渉,労働協約の適用にかかる
 規定の検討を中心に―……………竹内(奥野)寿
昭和24年労働組合法の立法過程と不当労働行為制
 度―アメリカ化の圧力,反作用,断裂―
     …………………………………中窪裕也
昭和20年・24年労組法における労働委員会制度の
 生成―その生成経緯から見た現代的課題―
     …………………………………野田 進
労使関係論からみた昭和24年労組法改正過程
 ―アメリカ・モデルと戦後直後型労使関係の相
 克?―  …………………………………仁田道夫

《シンポジウムの記録》
労働組合法立法史の意義と課題

《回雇と展望》
「『多様な正社員の普及・拡大のための有識者懇
 談会』報告書」の検討…………………山本圭子
安全配慮義務違反に基づく損害賠償と過失相殺・
 素因減額―東芝(うつ病・解雇)事件・最二小判
 平成26・3・24労判1094号22頁― …石崎由希子
雇止め対象者の選定基準の不告知と雇止めの有効
 性―日本郵便(苫小牧支店・時給制契約社員A雇
 止め)事件・札幌高判平成26・2・14労判1093号
 74頁,日本郵便(苫小牧支店・時給制契約社員B
 雇止め)事件・札幌高判平成26・3・13労判
 1093号5頁 ………………………………篠原信貴

日本労働法学会第128回大会記事
日本労働法学会第129回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索