書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本現代法史論
副題 近代から現代へ
著者 山中永之佑監修/ 山中永之佑藤原明久中尾敏充伊藤孝夫
判型 A5判
頁数 330頁
発行年月 2010年3月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03239-3
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 明治維新期から現代に至るまでを各法分野に分けて叙述する。特に現代の法体制の起点として戦後の「民主的」法改革を捉え、現代法からみて、各法分野がどのような変遷を経てきたのかに重点を置く。

目次 はしがき


第1章 現代法史総論
        ◆Column1 近世法から近代法へ

第2章 法典論争と明治民法・商法の成立

第3章 統治機構と官僚制

第4章 憲法―運用と解釈を中心に

第5章 植民地法制

第6章 行政法―行政救済法制を中心に

第7章 徴税機構と税制

第8章 財政法制

第9章 地方自治法制

第10章 学校・教育法制

第11章 軍事・警察法制

第12章 刑法と治安法制

第13章 司法制度と司法改革
           ◆Column2 法史学と裁判

第14章 訴訟法制

第15章 財産法制

第16章 土地法制

第17章 家族法制

第18章 商事法制

第19章 経済・知的財産法制

第20章 労働法制

第21章 環境法制

第22章 社会保障法制

第23章 国際法制

第24章 現代法史におけるジェンダー法学

終 章 日本人の法意識論史
     ―日米関係の推移から見た法文化論
          ◆Column3 戦後の法学論争
  ◆Column4 法史学と資料―「公文書館法」から
              「公文書管理法」へ


索 引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索