• TOP 
  • > 近刊・改訂

近刊・改訂

※下記書誌情報は変更になる場合があります

近刊

ユーリカ民法4 債権各論
著者:田井義信監修/手嶋豊編
予価:本体2900円+税
判型・頁数:A5判・318頁
発行予定:2018年6月
ユーリカ(Eureka)=論理的・合理的にわかった!を体感できる、新シリーズ第4巻。複雑な民法体系の仕組みや役割を具体的に解説。各章冒頭で章のテーマが問題となり得る場面を身近な例を用いて提示。学習課題、設例、コラム、問題演習も設けて、学生が自分の頭で考える力を養うことをめざす。
ユーリカ民法4 債権各論
民意のはかり方
「世論調査×民主主義」を考える
著者:吉田徹編
予価:本体3000円+税
判型・頁数:A5判・168頁
発行予定:2018年7月
世論調査は何のため?正確に民意を測定することができるの?民主主義にとって民意とは何?メディア界と学界(政治学・社会学)が協同して、世論調査法と民主主義論を接合。「感覚マップ」など新たな世論調査の方法を提起。
日常のなかの「フツー」を問いなおす
現代社会の差別・抑圧
著者:植上一希・伊藤亜希子編
予価:本体2500円+税
判型・頁数:A5判・200頁
発行予定:2018年7月
差別や抑圧を生みだす「フツー」の基準は変えることができる?権利侵害の中心としての差別・抑圧をひもとくことで、「権利を侵害されない・しない」能力を身につける。「です・ます調」のやさしい教養書。
ユーリカ民法3 債権総論・契約総論
著者:田井義信監修/上田誠一郎編
予価:本体2700円+税
判型・頁数:A5判・290頁
発行予定:2018年7月
ユーリカ(Eureka)=論理的・合理的にわかった!を体感できる新シリーズ第3巻。複雑な民法体系の仕組みや役割を具体的に解説。各章冒頭で章のテーマを身近な例を用いて提示。学習課題、コラム、問題演習を設け、自分の頭で考える力を養うことをめざす。

改訂予定

18歳からはじめる環境法〔第2版〕
著者:大塚直編
発行予定:2018年8月
18歳からはじめる環境法〔第2版〕
現代ドイツ基本権〔第2版〕
著者:ピエロート/シュリンク著、永田秀樹ほか訳
発行予定:2018年秋
新ハイブリッド民法3 債権総論
著者:松尾弘・松井和彦・古積健三郎・原田昌和著
発行予定:2018年夏〜秋
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索