• TOP 
  • > 近刊・改訂

近刊・改訂

※下記書誌情報は変更になる場合があります

近刊

スタンダード商法U 会社法
[スタンダード商法]
著者:徳本穰編
予価:本体3000円+税
判型・頁数:A5判・340頁
発行予定:2019年1月
商法の全体像を修得しながらリーガルマインドも養成できる、スタンダード商法(全5巻)の第2巻。
〜本書の特長〜
@基本事項に重点をおいた、標準テキスト
Aていねいな解説と「コラム」「論点」「図表」により、商法の全体像が理解できる
Bリーガルマインドの涵養をめざす
C法学部をはじめ経済学部・商学部・経営学部の講義に最適
D平成30年商法改正に対応した最新版
人権法の現代的課題
ヨーロッパとアジア
著者:中西優美子編
予価:本体5600円+税
判型・頁数:A5判・248頁
発行予定:2019年1月
憲法や国際法において人権問題がどのように扱われているのかを深く分析。EU、欧州評議会などのヨーロッパの法制度を概観したうえで、日本を含むアジアの人権問題に目を向ける。EU共通庇護制度、女性への暴力規制、表現の自由など、個別の重要テーマも取り上げる。
政治哲学概説
著者:寺島俊穂著
予価:本体2800円+税
判型・頁数:A5判・234頁
発行予定:2019年1月
大学における政治哲学の教科書。その対象、方法、課題および全体像に関して政治的事象の原理的考察を踏まえ、政治哲学的な思考様式を明示。古代から現代へ、ミクロからマクロへ西洋と日本の比較という視点を念頭に置くとともに、公正な社会の追求という政治哲学の課題にも応える。
政治哲学概説
21世紀、大転換期の国際社会
いま何が起こっているのか?
著者:羽場久美子編
予価:本体2400円+税
判型・頁数:A5判・190頁
発行予定:2019年1月
いま何が問題であり、どうすれば打開策が見出せるのか。第一線で活躍する研究者とジャーナリストがやさしく書き下ろした、国際社会論の入門書。
家計から診る貧困
子ども・若者・女性の経済的困難と政策
著者:室住眞麻子著
予価:本体4200円+税
判型・頁数:A5判・232頁
発行予定:2019年1月
家計をめぐる世帯内の力関係に注視して、家計から世帯や家族における個人の困窮=貧困の現象を捉える。女性の貧困と子どもの貧困との相互関係を明らかにし、経済的支援の緊要性・重要性を唱える。

改訂予定

ジェンダー法学入門〔第3版〕
著者:三成美保・笹沼朋子・立石直子・谷田川知恵著
発行予定:2019年2月
行政法の基本〔第7版〕
著者:北村和生・佐伯彰洋・佐藤英世・高橋明男著
発行予定:2019年2月
会社法の基礎(新会社法の基礎〔第3版〕・改題版)
著者:加藤徹・伊勢田道仁編
発行予定:2019年2月
プライマリー商法総則・商行為法〔第4版〕
著者:藤田勝利・北村雅史編
発行予定:2019年2月
資料で読み解く国際関係(資料で学ぶ国際関係〔第2版〕・改題版)
著者:佐道明広・古川浩司・小坂田裕子・小山佳枝編著
発行予定:2019年2月
現代ドイツ基本権〔第2版〕
著者:ピエロート/シュリンク著、永田秀樹ほか訳
発行予定:2019年3月
家族法〔第2版〕
著者:中川淳・小川富之編
発行予定:2019年3月
レクチャー会社法 〔第2版〕
著者:菊地雄介・草間秀樹・吉行幾真・菊田秀雄・黒野洋子・横田尚昌著
発行予定:2019年3月
フロンティア労働法〔第3版〕
著者:神尾真知子・増田幸弘・内藤恵著
発行予定:2019年4月
私たちと法〔3訂版〕
著者:平野武・平野鷹子著
発行予定:2019年春
新ハイブリッド民法2 物権・担保物権法
著者:本田純一ほか著
発行予定:2019年春
リーガル・リテラシー憲法教育〔第3版〕
著者:浅川千尋著
発行予定:2019年秋
18歳からはじめる民法〔第4版〕
著者:潮見佳男・中田邦博・松岡久和編
発行予定:時期未定
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索